今オススメの情報サイト

女性薄毛に悩むかたの一般情報

最近では女性でも薄毛に悩まされている人が多いようです。
あるサイトで調べてみると、女性の薄毛で悩んでいる人は全国に600万人以上いるそうです。
約10人にひとりは薄毛で悩んでいるということになります。
そしてその割合は今現在も増加の一途をたどっているということです。
また薄毛は30代の女性に多くみられがちです。
これは高年を重ねるとある程度薄毛になることは仕方のないことなのですが、老化を遅らせることは可能です。
その原因としていくつか考えられます。
・食生活
・ヘアケア
・ダイエット
・老化
・ストレス
・生活習慣
・出産(妊娠、産後)
・ホルモンバランスの乱れ
女性薄毛の予防と対策としては
・発毛剤・育毛剤の使用
・かつらの使用
・禁煙
・運動による女性薄毛予防
・十分な睡眠
・抜け毛予防の頭皮、ツボマッサージ
・サプリメントの服用
・食生活の改善
・正しいシャンプーを選ぶ
などが挙げられます。

女性の薄毛は男性ホルモンが多いのが原因なのだろうか。
薄毛で悩む女性の人は男性ホルモンが多いと言われますが、少なからずこれは関係しているようです。
しかしこの男性ホルモンが多いから薄毛になるというわけではありません。
毛根の周囲には毛細血管が張りめぐらされています。
血液中には男性ホルモンも含まれていますから、男性ホルモンは毛乳頭の細胞に取り込まれます。
男性型脱毛症に関しましては前頭部や頭頂部の毛髪は男性ホルモンによって発育が抑えられやすいといわれています。
人により、微妙な違いはあるものの、初めは前頭部か頭頂部からしだいに薄くなっていくケースが多いようです。
側頭部や後頭部は薄毛になりにくく、中央部近辺はかなり地肌が透けてみえるような状態になった人でさえ、側頭部や後頭部は黒々として毛髪が残っている人が多いです。
前頭部や頭頂部に頭髪の男性ホルモンの感受性によるものといわれています。